肝臓を守る

改善目的から予防目的へ

肝臓は人体において最大の臓器で、エネルギーの代謝や有害物質の無毒化など、重要な働きをしています。しかし、その肝臓も糖分や脂肪分の過剰摂取により、過度な脂肪を蓄えてしまい脂肪肝になる恐れがあります。そして現在では、さまざまな脂肪肝対策のサプリが販売されています。 現在のサプリは主に、肝臓に良い・肝臓の機能を高めてくれる、といったものです。こういったものは、肝臓の働きを強化する過程で、肝臓に貯まった脂肪を排出して、症状を改善してくれる効果を期待出来ます。 しかし、昨今では脂肪肝という言葉の知名度は高く、それが原因でより重篤な病気になるということも知られるようになりました。これからのサプリは、これまでの脂肪肝対策のものに加え、脂肪肝の予防効果を謳ったサプリが、支持されるようになるのではないでしょうか。

サプリを利用する際には鉄分に対して注意が必要

シジミエキス配合・レバーエキス配合・ウコン配合等など、何種類ものサプリが販売されています。これらは、脂肪肝の症状を改善してくれる効果を、期待することが出来ます。しかし、これらを摂取する際に、気をつけなければならないことがあります。 それは鉄分の過剰摂取です。鉄分は、人間が生命活動をしていくのに、欠かせない成分です。しかし、過剰に鉄分を摂取すると、その鉄分が酸化して強い毒性を持ち、細胞を傷つけ始めます。 その鉄分が多く蓄えられるのが、肝臓です。多く蓄えている分、肝臓へのダメージは大きくなります。そして、先に挙げたシジミ・レバー・ウコンといったものは、元々鉄分を多く含んでいる食物です。それが、凝縮されているのがサプリなので、利用する際には注意書きや成分表等を、よくチェックしておくのが良いでしょう。