肝臓を強くする

脂肪肝とはどんなものか

肝臓の仕事は、体に摂り入れた糖質やたんぱく質、脂肪を分解します。そして体内で変換して蓄える働きをしています。 蓄えてものはエネルギーになり、体のさまざまなところへ供給されます。その時摂り入れた脂肪が多かった場合は、そのまま肝臓に中性脂肪が溜まっていき、その後脂肪肝になります。 脂肪肝は初期の頃はほとんど自覚症状が無いため、気づいた時は症状が進行しているケースが多いのだそうです。 やはり脂質の多い食べ物やアルコールの飲み過ぎが原因になります。 脂肪肝は毎日の食事を見直す事で防ぐ事ができる病気です。 予防の意味でも、普段から食生活と運動気をつける事が重要です。 脂肪肝に効くとされている成分は、オルニチンやタウリン、ビタミン、クエン酸、ミネラル、不飽和脂肪酸などです。これらの成分を配合したサプリをおすすめします。

特におすすめのサプリメント

脂肪肝に特に効くとされているのが、オルニチンとタウリンです。 脂肪肝を予防したい方や改善したいと考えている方、どちらの方にもオルニチンとタウリンが配合されているサプリが良いでしょう。 オルニチンは肝臓の働きを助けて、アンモニアの解毒をします。アンモニアの解毒が進むと、肝臓に溜まっていた中性脂肪が代謝されます。 オルニチンは食品からでは極僅かしかとれないので、サプリなら必要量のオルニチンが凝縮されているので大変便利です。 タウリンは胆汁酸の分泌を促し、肝細胞を再生する働きがあります。 タウリンのサプリの中でも、自然界の貝殻から抽出されたものが安心です。またタウリンと一緒にクエン酸も配合されているサプリを選ぶと、肝臓の代謝を促進する効果があるのでおすすめです。 どちらのサプリも、食品から一定の分量を摂取するのは大変難しいです。脂肪肝を改善するにはサプリを是非お試しください。